セルフネイルを長持ちさせるなら

せっかくのネイル長持ちさせたい!

セルフネイルをしたけれど、すぐに剥がれたり、汚くなったりした事があるという人は少なくないでしょう。
ネイル人気に伴いセルフネイルをされる方もどんどん増えていきますよね。

 

マニキュアからジェルネイルへとセルフネイルは変化してきて、指先とはいえ、女性のおしゃれに対する意識はどんどん上昇しているともいえますよね。
ジェルネイルは、マニキュアよりも手軽だし、長持ちな部分、硬化時間も短く、においも比較的抑えられているので、
様々なメリットを感じて多くの方に注目されています。

 

しかし、なかなかうまくいかないなぁと悩んでいる方も少なくはないのではないでしょうか。
折角、綺麗に塗ったネイルは、少しでも長持ちさせたいものです。

 

マニキュアの場合はジェルネイルと違い、長持ちさせるためには少しでもはがれたり、欠けたりしたらすぐに上塗りして
結果どんどんマニキュアが厚ぼったくなりがちなのですが、ジェルネイルは、マニキュアよりも確実に長持ちします。

 

しかし、適当にやったりLEDライトの効果が甘かったりすると、長持ちはしませんよね。

 

 

ジェルネイルは、通常長持ちするのですが、そのやり方やケア方法で長持ちしなかったりもします。

 

セルフネイルを少しでも長く持たせる為には、準備からしっかりしていく事が大切になります。
ネイルを塗る前は、しっかりと手を洗い、油分を落とす事が大切です。

 

この油分って意外と誰もが甘く見ているのですが、化粧水や乳液などを手のひらで使ってそのままだと手のひらに油分が結構な量のこっているんです!
手を洗っていても爪の周囲まで洗っているでしょうか。

 

このままでも大丈夫だろうと思っている場合、油分に影響されてせっかくきれいにデザインできたジェルネイルが数日で取れてしまったらショックですよ!

 

爪の付け根などは、コットンなどに除光液を染み込ませ、しっかり拭き取ると良いでしょう。
その後、爪を磨き、形を整えていきます。
そして、ベースネイルを塗り、マニキュアを塗っていく事になるのですが、この際のマニキュアの状態も重要です。
固くなっていたら、うすめ液などで塗りやすい状態にしておく事が大切なのですが、その際、振ると気泡ができますから、混ぜる際は転がすようにするなど、気泡を作らないように心がける事が大切です。
そして、爪に塗る時は、薄く塗る事が重要です。
しっかりと色を出したい場合、重ね塗りをするようにする事が大切です。
そして、トップコートを塗って仕上げます。
更に、この後、大切なのはしっかりと乾かす事です。
寝る直前にすると、ネイルがボロボロになる可能性が高くなります。
ですから、セルフネイルは、乾かす時間まで計算に入れて行う事が大切です。