ネイルキットのソフトジェルについて

ネイルキットの中でもソフトジェルは?ハードジェルとの区別と向き不向き

自分でネイルをすることが出来る販売用のネイルキットの一つにソフトジェルがあります。
ジェルネイルは普通のマニキュアとは違い、水飴のようなジェル状のアクリル合成樹脂を爪に塗り、
UVライトやLEDライトで固める施術方法を行い、爪を塗装することだけではなく、爪を保護する役割もあります。

 

その中でもハードジェルとソフトジェルという2種類のジェルが存在し、
その区別がなかなかつかなかったり、自分が購入しようとしているネイルキットにどちらが使われているのかが
分からなかったりもします。
そこでこのページでは、まずハードジェルとソフトジェルの区別、
そしてそれぞれのメリットとデメリットを見ていこうと思います。

 

ハードジェルとソフトジェルの違い

ハードジェルもソフトジェルも、ジェルネイルであることは変わりません。
しかし、それぞれ特徴となる部分が違ったり、歴史の長さも違ったりと
区別がつきにくいという声も実際多くあります。

 

なのでわかりやすくハードジェルとソフトジェルの違いを見ていきます。

 

ハードジェルの特徴とデメリット

ハードジェルはソフトジェルより分かりやすく表現するとしたら硬いんですね。
硬いといってもイメージがしにくいかもしれませんが、ネイルチップや長さだしをしたい場合、
ハードジェルが使いやすく、硬いため長持ちします。
ネイル自体がソフトジェルよりも折れにくくて、ネイルストーンやなどの
アイテムを使ったアート作品としても向いている傾向があります。
また、若干ソフトジェルよりもツヤがあるというのも特徴の一つではないでしょうか。

 

デメリットとしてハードジェルは硬いため、アセトンなどの溶剤でとかしてオフするのが
むずかしく、ファイルなどで削っていくということでしかオフできないという部分は
手間という声も多くあります。

 

 

どんな方がハードジェルが向いている?

ジェルネイルでカラーではなくネイルストーンやスワロフスキーなどのネイルアイテムを使用した
ジェルネイルを楽しみたいと思っている方にはハードジェルが向いている傾向にあります。

 

ただし、先程のデメリットの項目で説明したようにオフする際の手間を惜しみたいという方や
もっと手軽に楽しみたいという方は向いていないかもしれないですね。

 

 

どんな方がソフトジェルが向いている?

ソフトジェルはハードジェルよりも後に開発され登場しました。
現在は多くの市販されているネイルキットのジェルはソフトジェルが主流となってきています。
これはソフトジェルがハードジェルに比べると柔らかく扱いやすい点にあると思います。

 

カラーバリエーションもソフトジェルの方が多く、オフする際の爪へのダメージも
ハードジェルと比較しても少なく、ネイル初心者の方でも使いやすいという特徴があります。

 

デメリットとしては、ストーンなどのアイテムを付けて楽しみたいという場合、
何度もジェルを塗っては硬化させてという行程が必要となるケースがあります。
もちろん、これはネイルキットのメーカーで差があり、しっかりと開発されているところは
問題なく使えるという口コミの声も聞こえています。

 

ソフトジェルが向いている方

ソフトジェルが向いている方は、ネイルサロンでネイリストさんに施術されるのではなく
自分でネイルキットなどを購入してやる場合は、ソフトジェルが使いやすい傾向にあります。
ハードジェルはセルフで行う場合、コツや熟練度が必要になるケースが多く、難しいと言われています。

 

特にジェルネイルをセルフで行う方の中で初心者の方や慣れていない方はソフトジェルから
入門されたほうがやりやすいとおもいますよ。

 

 

光沢も有り、マニキュアと比べて透明度も高く数週間は持続して効果が長持ちします。水作業をしても剥がれることが少なく、爪の乾燥を防ぐ特徴もあるため保護目的としてもソフトジェルを使用することが出来ます。
ネイルキットの説明書通りに使用することで長持ちさせられることが特徴ですが、ジェルを乗せる前に爪の水分や油分が残ってしまっていたり爪やすりでサンディングを行う際に削った後のダストが残ってしまっているなどの原因があるとジェルが剥がれてしまうので、注意が必要です。
塗りにくい断面は筆を立てて断面を叩くようにすると綺麗に塗ることが出来ます。爪の裏も1ミリ程繋げて塗ることでより剥がれ難くなります。
ネイルキットの説明書だけではうまくいかないこともあるため、初心者の方はインターネットの情報や書店の本を手元に置いておくと詳しい情報を元にセルフネイルをすることが出来ます。