効果的なネイルケアのやり方

ネイルケアを効率的に行う方法

ネイルケアはサロンで行う方法と製品を購入して自分で行うやり方の2通りがあります。

 

自分で行う方法は自宅で好きなときにケアをすることができるので
あいた時間を有効に使うことができ、
コストパフォーマンスに優れていることが魅力です。

 

数をこなすことに上手な仕上がりになっていくので時々はサロンに通って
自分のやり方が正しいかどうかの確認や
困っていること、なかなか上手にいかないことなどを
相談するのも一つの方法です。

 

ネイルケアの基本

ネイルケアといってもサロンで行うにもセルフで行いにも様々な方法があります。
それらの中でもネイルケアの基本として

  • 爪の長さをそろえる
  • 爪の表面を整える
  • 甘皮を処理する
  • 爪の保湿をする

というのが主なものになります。

 

爪の長さをそろえる

爪の長さをそろえるのは、どんなネイルをするのか、そのデザインなどにもよるのですが、
長さが整っていないとせっかくのジェルネイルが長持ちしなくなるというのもケアの必要性を考えることになります。
通常爪切りを使うのですが、爪切りは爪自体にダメージを与えるので、プロのネイリストさんなどは
爪切りは使わず、爪を削っていくんです。

 

爪の表面を整える

爪の表面は健康状態によって凸凹になったりします。爪が平らでないとせっかくのジェルが均一に乗らないため
ジェルネイルが剥がれやすくなってしまいます。一見平らに見えていても爪の表面は平らでないために
サンディングやプライヤーを使った整地作業が必要になるんですね。

 

甘皮を処理する

甘皮の処理はネイルケアに必要な作業なのですが、甘皮がささくれていたり、
長く伸びている状態だとそこからジェルが剥がれることにつながるんですね。
そのためジェルネイルをする前に甘皮の処理が必要になるんです。

 

爪の保湿をする

爪は爪の根元からどんどん伸びてくるのですが、健康的な爪を育てるためには爪の保湿が
必要不可欠なんですね。中には爪の保湿にハンドクリームなどを使う方もおられるのですが、
ハンドクリームには爪の栄養をサポートするような成分は入っていません。
ネイルケアの爪の保湿をする際にはネイルケア用の保湿剤を使ったほうが効率的なんですね。

 

ネイルケアのポイント

爪の甘皮などの役割をきちんと把握してネイルケアを行うことが重要です。
新しい爪は柔らかくて傷つきやすいため、
甘皮によって保護されております。細菌や傷などから
守ってくれるので大切な存在です。ネイルケアにおいて
甘皮処理はジェルネイルが盛り上がらないようにするため、
マニキュアを塗りやすくするためにも大切な作業です。

 

時間がない人やめんどくさがりな人にとっては大変で手を抜いてしまいがちですが、
これをしっかりと行うことによって美しいネイルケアを実現することができます。

 

プロ級の甘皮処理のやり方としては指先をぬるま湯に入れて浸して
甘皮をふやかします。その後、綿棒でやさしく甘皮部分を押し上げてこすります。

 

次に浮いた甘皮をウッドスティックで落として、塗れたガーゼでゆっくりと
甘皮をふき取ることで完了します。繊細な作業になるので
爪を傷つけないように注意して行う必要があります。

 

しっかりと行うことが簡単にプロ級の甘皮除去を行うことができます。
一歩間違えると大変なトラブルになるので不安な人は
サロンで一度やってもらってから自分で行うやり方もありです。

 

爪の根元が傷ついてしまうことによって出血してしまったり、
細菌が入り炎症してしまう可能性があります。

 

質の良いスタッフが在籍しているネイルサロンの選び方としては
ネイリストの資格取得を行っているところがおすすめです。
認定証をサロンに飾っているところも多いので来店時にはチェックすることが大切です。

 

きちんと爪を磨いてメンテナンスしておくことで周囲に清潔感がある印象を与えます。

 

爪磨きだけだと会社の規則でネイルアートが禁止されているところでも行うことができ、
爪を綺麗に魅せることができるのでお勧めです。
爪をきれいにすることで周囲だけでなく、自分のモチベーションや
美意識を高めることができます。
自宅だとテレビを見ながら、くつろぎながらネイルケアができるので隙間時間を有効に活用することができます。

 

おすすめのネイルケアアイテムは

 

クリアネイルショット