完全硬化するジェルを用いたネイルキットを選ぶ理由

商品選びの失敗をしないように完全硬化のジェルに注目!

流行りのジェルネイルを自宅でやろうとネイルキットを購入される方は
増えているのですが、どうしても多くのメーカーから発売されているので
どの商品がいいのか選ぶときに迷ってしまいます。

 

ネイル硬化用のライトが壊れた。
初心者にもやさしいとかアピールされていたけど、自分には使い勝手が悪かった。
たのしく使っていたけれど、ジェルが海外産のもので、
アレルギーや爪のトラブルになったなどといった声は多く聞かれます。

 

やはりそれらの原因は、ジェルネイルキットの選び方が間違っていたにほかならず、しっかり正しい商品選定をしないと
購入してから損をしてしまうので、ジェルネイル自体をしなくなったなどといったようなことにならないようにしたいものです。

 

そんなジェルネイルキット選びの失敗の中に、完全硬化するジェルを用いたネイルキットを選べばよかったということがあります。
初心者の方が未硬化タイプのジェルを使ったものを購入してしまうと、硬化しきらないジェルを拭き取る作業が必要になるために
一つハードルをあげてしまいます。
うまくやらないとせっかくのジェルネイルの特徴の一つである鮮やかなツヤが、損なわれて仕上がりが全然変わってしまいかねません。
もちろんそれでもうまくできる初心者の方もおられます。

 

うまくできるか、できないかを購入してから判断するのではなく、購入前から正しい基準で自分にはどんなネイルキットがいいのだろうかと
しっかりと調べる必要もあります。

 

完全硬化のジェルを使うジェルネイルキットならば、そういったリスクを考える必要がないのでおすすめになります。

 

このサイトでも様々な角度からおすすめのネイルキットを比較していますが、どれか一つという視点ではなく
いろいろなポイントを選ぶ基準にして、いい商品選びをしていってもらえるように努力しています。

 

あ、完全硬化ジェルのデメリットとしては、対応のジェルが少ないし、
コストパフォーマンスも考えるとお値段はお高くなってしまうことは
最後に付け加えておきますね。

 

ジェルが完全硬化しなかったらどうなるの?

ジェルネイルはLEDライトで硬化させるのですが、ジェルが粗悪品だったり
品質が劣化していると完全には硬化せず、見た目としては固まっていても
内側は硬化していないという状態になってしまいます。

 

そのようなときはどのようなデメリットがあるのかご存じでしょうか。

 

ジェルが完全に硬化しなくて日常生活の中で手洗いやお皿洗いといった
水分がしみ込んでカビになることがあるんです。

 

それによってグリーンネイルやネイルアレルギーを引き起こすことも。

 

 

ネイルサロンでジェルネイルをしてもらう際には、使われるアイテムは
高品質で大丈夫なのですが、自分でネイルキットを購入して
使う場合このようなケースが発生してしまうんです。

 

原因としてはネイルキットに付属しているジェルの品質が悪いケースと
LEDライトの品質が悪いせいでジェルがしっかりと硬化しないケースの
2種類があります。

 

せっかくおしゃれを楽しみたいと思っていても、そのようなことになっては大変です。

 

特に海外製品のネイルキットは価格としては安いのですが、
国内産のネイルキットに比べて検査基準がゆるく、
そのような品質に関するクレームも多いため、ネイルキットを購入する場合は
しっかりと商品を選ぶ必要性があるんです。
みなさん注意してくださいね。