覚えたい基本的なネイルアート

MENU

覚えておきたいネイルアートとは

プロのネイリストさんのレベルまでは無理だろうけれど、それでも自分で様々なバリエーションのネイルデザインができるようになればうれしいなぁ。

 

これは自分でジェルネイルをする楽しみを感じてくる方、だれもが思う想いだと思います。
初めてジェルネイルをする方でも、だんだん慣れてきて時間もバリエーションも脱初心者になってくるものです。
そうなるとその日のファッションや気分に合わせてネイルアートを変えてみたりしたくなってくるんです。

 

このページでは、慣れてきたセルフネイル派の方に覚えておきたいネイルアートの基本的なデザインを特集しています。
もちろんこれ以外のデザインなどもアイディア次第でいくらでもあるし、その種類をすべて覚えようと思ったらすごく大変になります。

 

フレンチネイルアート

覚えたい基本的なネイルアート

まず最初の覚えておきたいデザインは、フレンチネイルアートです。
フレンチネイルは基本的なデザインでもあるものの、現在でもネイルサロンも自宅派のセルフネイルの方にも人気が高く、ぜひ覚えたいものの一つです。
ヌードカラーやヌーディーカラーと呼ばれる肌の色に近い色合いを使って、爪全体にコートし、爪先部分に白で上塗りし、2色のコントラストを楽しむデザインになります。水平に境界をひいたり、斜めに境界をひくことでたった2色のカラーなのにおしゃれ感を演出できることでも人気のデザインなんです。
また、濃い色を爪全体の方にコートすることを「逆フレンチ」といいます。
最初のカラーをしっかりと乾かすことがぽいんとになります。
爪全体がしっかりと乾いた後にマスキングテープなどを使って爪の先端を上塗りすると、とてもキレイなくっきりとしたラインになります。

 

ストーンネイルアート

スワロフスキーなどを使って、お花の形に配置したり、ランダムで配置したりすることでオシャレ度が一気に増すデザインのひとつです。
カラージェルが乾かないうちに、お気に入りのストーンをデコレーションすることでストーンネイルアートとも呼ばれている基本的なデザインの一つ。
立体的なストーンはすぐにはがれやすいので、トップコートなどでしっかりとコーティングすることがポイントになります。

 

3Dネイルアート

つけ爪の上にアクリルパウダーやアクリルリキッドのようなパウダー状の塗料で、立体的なデザインを描きます。
人気のあるデザインでいえば、お花やリボン、最近ではキャラとかお菓子などをモチーフにしたものまであります。
セルフで行うには、技術的に難しいという面もありますが、これができるくらい上達すれば、プロのネイリストさんにもきっと褒められますよ♪

 

 

このようにネイルアートには様々な種類があり、ネイルの技術の上達に応じて進化できるのも
おしゃれ女子には魅力的な面かもしれません。

 

こういった基本的なデザインを頭に入れておけば、それらのデザインから新しいネイルのアイディアを生み出したりもしやすいと思いますよ。