爪をきれいに保つ

MENU

爪がトラブルになる前にきれいに保つ方法

爪をきれいに保つためには

きらきらと輝くジェルネイル。すてきなデザインのデコレーション。

とても魅力的なジェルネイルなのですが、ケアが間違っていたり、サンディングのし過ぎなどで爪にダメージを与えて
薄くなってしまったとか、割れやすくなってしまったといった弊害をきたす方もおられます。

 

しかし、爪をきれいにしていなかったらせっかく素敵なジェルネイルがうまくのらなかったり、土台である爪が凸凹になっているから
ジェルがきれいな発色をしないなど、このような現象を防ぐためにも、ケアはしたいところです。

 

爪がきれいに保たれていると、ジェルネイルのもちもよく、発色やつやも最大限の効果を発揮してくれるので、
このページでは爪をきれいに保つ方法を特集したいと思います。

爪をきれいに保つためには

多くの方が知らないのかもしれませんが、爪もお肌や髪の毛と同様に、栄養を欲し、さらには女性ホルモンの乱れなどによっての更年期の変化などが
起きやすい部分でもあるんです。
爪が女性ホルモンの影響を受けるというと驚かれる方もおられるかもしれませんね。

 

では爪をきれいに保つために実際にどうすればいいのか見ていきましょう。ガサガサになっている爪をケアする方法も
含めてみていきましょう。

 

食事面からの爪のケア

爪も指の皮膚の延長で、根元からどんどん成長しています。
そこには食事面から摂取する栄養が深くかかわってくるのは当たり前です。
では、きれいな健康的な爪になるためにはどんな栄養が必要なのでしょうか。
爪は皮膚の角質層が硬化して変化しているので、タンパク質のケラチンで構成されています。
よって、爪に効果的な栄養である良質のたんぱく質の摂取がきれいな状態に保つためには必要になります。

 

多く含まれている食材としては、シラスやイワシなどを多く食べることがおすすめです。

 

爪自体のお手入れ

ネイルをされている方はネイルケアとして、ネイルのトリートメントや保湿などやられていると思います。
このケアはお風呂に入浴した後が効果的で、その際に指先のマッサージと同時に行いましょう。
手や指には多くのツボもあり、血流改善とトラブルの症状緩和なども期待できます。
マッサージによって内側からのケアと、トリートメントなどによる外側からのケアを基本としてネイルケアをしていきましょう。

 

これらによって徐々に爪をきれいに保つ方法になります。
ネイルをきれいに保つことでジェルネイルも輝きを増すことでしょう♪
最近ではサンディング不要のネイルキットなども出てきています。これにはメリットもデメリットもありますが、ネイルを楽しむためには
爪をきれいに保つ努力も必要になります。

 

ボロボロの爪に栄養を与える

最近の研究では、ボロボロ、かさかさの爪にはコラーゲンがとても重要になることがわかりました。
これは昔から言われていたのですが、それが研究で証明されたのはとても大きなことなんです。

 

コラーゲンもただのコラーゲンではなく、コラーゲンペプチドというコラーゲンの分子を小さくして
体に吸収されやすい状態にしたものを含んだゼリーを摂取したところ、
爪の状態が改善したというデータがあり、そこからコラーゲンペプチドが爪にいいということが研究されたんです。

 



 

爪にダメージを負った方、爪へのダメージをケアしたい方、
ネイルに関するすべての方へ、爪の健康も栄養面から考えてあげたいものです。