フィルインってなに?やり方とおすすめジェル

MENU

フィルインというテクニックをご存じですか

ネイルをしていて、爪が伸びてくると、爪の根元からネイルの部分が爪が伸びた分だけ離れてきて自爪が出てきますよね。
その状態が、ジェルネイルでよく起こる現象です。

 

そこで、今回はそんな時に毎回オフするのではなく爪をいたわることができる
フィルインというテクニックのやり方とおすすめのジェルをご紹介したいと思います。

長持ちするジェルネイルだからこそ必要なフィルイン

マニキュアと違ってジェルネイルはケアをしてあげるときれいなツヤと発色を保ったまま約1ヵ月間ぐらいは持ちます。
ですが、人間の爪は1ヵ月間で約3ミリは伸びると言われていて、その爪の成長がネイルと爪の根元との間に隙間ができてしまう原因になります。
こうなってしまったときに、毎回、ネイルをオフしてしまうと、自爪を痛めることにもつながりかねません。

 

というのも、成長して伸びてきたばかりの常というのは、まだ細胞が新しく十分に角化していない状態なので、
そこにネイルをオフするときのリムーバーの成分が染みてしまうと爪のダメージにつながってしまうんです。
そうならないようにするためには、爪が伸びてきても、すぐにはがさずに「フィルイン」というテクニックを使って、
爪の隙間を埋めてあげることで、ジェルネイルをさらに長持ちさせることができますし、
ネイルをオフする回数自体を減らすことができるので、爪のダメージを防ぐことができるんです。

フィルインのやり方

フィルインのやり方は簡単です。
ネイルが爪が伸びた分だけ浮き上がって爪の根元から離れた分だけその隙間にジェルを盛ってあげて、
今まであったジェルと新しく持った分のジェルとの間に段差ができないようにならしてあげて、
最終的にトップコートを薄く塗ってあげて完成です。

 

また、最近ではこのフィルイン自体が、おしゃれなデザインになる、
ラメ入りのジェルも販売されています。
ただ、長持ちさせる目的のフィルインをおしゃれなデザインに変えることができるんですね♪