ジェルネイルのネイルブラシを洗う際に気を付けること

MENU

ジェルネイルのネイルブラシは大事に保管しよう!

ジェルネイルを楽しむ際に使ったネイルブラシ、みなさんはどうやって洗ったり、保管したりしていますか?
たっぷりとジェルをつけて使い終わった後に、自分で用意した収納にそのまま入れていたりしていませんか?

 

実は、ネイルブラシのお手入れはとってもシンプルなのですが、あることをやってしまうと一気にブラシが悪くなって次使うときに使いにくい状態になってしまうんです。
そこでこのページでは、ジェルネイルのネイルブラシを洗う際に抑えておきたいポイントをご紹介します。
また、消耗品であるネイルブラシを買い換える際に知っていると得するちょっとした情報も後半部分で特集していきます。

ネイルブラシの洗い方について

では早速、ネイルブラシの洗い方と洗う際に気をつけることを見ていきます。

 

ブラシの洗い方はとっても簡単です。
ブラシについたジェルを軽くふき取って、ブラシを保管するときにキャップのようなもので毛先をカバーしたらいいんです。
これはプロのネイリストさんでも同じようにブラシのケアをされているんです。

ネイルブラシを洗う際に気をつけること

それは、習字の筆のようながっつり洗いをしないことです。

ジェルネイルのネイルブラシというのは洗うことができないんです。

 

意外な結果でしたか?

 

頑固なジェルはお湯でしっかり落としたいところですが、そうしてしまうとあっという間に筆が悪くなってしまい買い替えの時期が早まってしまいます。
実はジェルネイルのジェルというのは筆につくと完全にべたつきをふき取ったり、ジェルを取り除くということが難しいんです。
洗ってもいいけれど、毎回アセトンでゴシゴシしているとやっぱり毛先が乾燥して広がってきたりするんです。

 

毛先が広がると、細かいデザインがしにくくなりますし、毛の1本1本が硬くなるためおすすめできません。

 

中にはアセトンでしっかりとふき取る方もおられるのですが、完全にふき取ろうとしたらブラシの毛先を痛めてしまい、バサバサにしてしまうことに・・・
さらにジェルはLEDライトなどで硬化する特性をもっているため、保管する際に紫外線を当たるところで保管してはいけないんです。

 

LEDライトやUVライトと比べて、少ししか紫外線は当たらないから大丈夫だろうと思ってもブラシにくっついたジェルはなかなかとれないんです!
ジェルネイルのジェルは紫外線で固まってしまいます。

ブラシのケアが面倒な方は

めんどくさがりの方は、ソルースジェルやグランジェ・ジェルポリッシュセット。ジェリーネイルの1ステップジェルのようなポリッシュタイプのジェルがおすすめなんです。

 

なぜなら、ポリッシュタイプならそもそも洗う必要すらないからです。

 

ジェルネイルを使うというのは細かいデザインや、くっきりとしたラインを描く際がほとんど。
だからこそ、ネイルブラシはいい状態で使ってもらいたいものなんですよ。

ネイルブラシを買い換える際に知っておきたいこと

ご存知の通りネイルブラシはきちんと正しい方法でケアしていても、使っていくうちにいずれ悪くなって細かい作業等が困難になってしまいます。

 

ネイルブラシは消耗品ですので仕方がないことです。
プロのネイリストさんですら正しいケア正しい使い方をしていても、いずれネイルブラシが悪くなり買い換える事はよくあります。
ただ買い替える際に知っておきたいのが、できるだけ国産のものが好ましいということです。

 

というのも、例えば楽天などのネット通販で数百円で購入できる安いネイルブラシがあるとついつい買ってしまいがちですが、そういった格安のネイルブラシは多くのものが海外製であり、ネイルをしている最中にブラシの部分が取れてしまったり、正しいブラシのケアをしていても悪くなりやすかったり、結果としてすぐにまた買い替えの時期が訪れてしまう。ということもよくあることなんです。

 

なので、できればネイルブラシを買い替える際はあまりにも安いものは避け、比較的値段が安いものでも国産のものを選ぶようにするのがオススメです。

 

なお、ブラシを買い替える際のお勧めのネット通販は『グルービーネイル』というネイル関連用品の総合商社のサイトです。

 

このメーカーは国産のネイルブラシをセットではなく単体で販売しており、ネイリストさんもグルービーネイルのネイルブラシを買っている方もたくさんいらっしゃるんですよ。
国産でしっかりとしたネイルブラシを購入するのであればグルービーネイルのネイルブラシが良いと思います。

 

プロご用達ネイルグッズが10%OFF以上で販売!【グルービーネイル】