ネイルキットの使い方はメーカーによって違う!

MENU

ネイルキットのメーカーは使い方を親切に教えてくれる?

数年前にジェルネイルが上陸したことにより、女性たちの間でネイルブームが一気に広がりました。
それまではポリッシュネイルが主流で、ネイルサロンでプロに仕上げてもらったとしても、
指先を酷使する方などは数日で剥げて来てしまうため、
ネイルサロンでお金をかけてケアを受ける女性は一握りでしたが、
このジェルネイルは、水あめのようなジェルを何層にも塗り重ねて固めて仕上げるので非常に持ちがよく、
水仕事をする主婦層にも高く評価され、幅広い年代の女性たちに浸透していきました。

 

しかし持ちが良いとはいえ、やはり一か月に一回はメンテナンスを受けなければならないので、
それなりに費用もかかってしまうため、余裕のない方には続けたくても
負担が大きくなってしまいがちです。

 

そのような女性におすすめなのが、セルフでできるネイルキットで、
空前のジェルネイルブームに伴い、国内のメーカーから格安のジェルブランドが立ち上げられ、
安価でもネイルサロン並みの美しい仕上がりが出せるようになっており、大注目されています。

 

特にインターネットショップでは、色々なブランドのネイルキットが流通しているので、
使い方の手順などを確認しながら、自分で扱えそうだと思えるジェルブランドを購入してみましょう。

 

ネイルキットの使い方は、基本は皆同じで、プレパレーションと呼ばれる下処理を行い、
ジェルを塗って固めることを繰り返し、仕上げていきます。

 

この下処理の仕方に若干の違いはありますが、ネイルキットに同封されている手順を守れば、
綺麗に仕上げることは可能です。
ネイルキットに付属している説明書や中にはDVDや動画で使い方や、コツなどを教えてくれるものもあります。

 

慣れてくると、より持続性を高めるための塗り方のコツを覚えたり、
プロ仕様のベースジェルなどに変えてみるのもおすすめで、
よりレベルの高い仕上がりが出せるようになります。

 

セルフネイルだと、どうしてもデザインに制限があると思われがちですが、
最近はデコレーションアイテムのバリエーションも豊富になっており、
かなりスキルの高いネイリストでなければ仕上げられないような複雑なデザインでも、
ネイルシールで再現できるものもあり、貼りつけるだけで完成できます。

 

ジェルネイルのメリットは、やはりその美しい光沢なので、
多少の塗りむらやラインのブレなども、トップジェルでツヤツヤ感を出してしまえば、
意外なほどに目立たなくなりごまかせてしまいます。
ポリッシュネイルのようにマット感がそれほど出ないので、不器用な方でも十分使いこなせます。