ジェルネイルならでは!【埋め込みネイル】ってなに?

MENU

埋め込みネイルってなに?やり方は?

2017年もいよいよ6月に入って、1年の半分がもう少しで過ぎようとしていますね。
いよいよ本当に毎日が暖かくなってきて、これからはサンダルを履いた時に目立つフットネイルやかわいい夏向けのネイルのいろいろなアレンジが試される季節ではないかなと思います。
いつもだったら定番のフレンチやネイルシールで手早く作っていたネイルも、ちょっとだけ冒険したくなる時ってありますよね。♪

 

そこでこのページでは、誰でも簡単にできるネイルのバリエーションが圧倒的に広がる埋め込みデザインについてご紹介します♪

埋め込みネイルのデザインのパターン

埋め込みデザインのネイルというのは、ジェルの中にラメパウダーだけではなく、粒が大きなホログラムや折り紙、シェルなどを埋め込んで塗るネイルのことです。
別のパタンではホログラム以外にも貝殻(シェル)ワイヤーアートなど簡単に手に入るパーツを埋め込むだけで可愛く仕上げることができますよ♪

 

でも疑問のある点としては、大きなホログラムだとかワイヤーアート、シェルなどは、本当にきれいに埋め込むことができるの?という方も多いと思います。
実際は埋め込みネイルといっても、完全にぴったりと中に埋め込まれた形ではなく、半分以上表面にそのアートのためのパーツが浮き出ているという形になるのが普通です。

 

このようなホログラムネイルというのは強度的にも、ジェルネイルでないと真似をすることができません。間に際の場合だと埋め込んだアートパーツを支えるだけの強度がないからです。
あとパーツにはいろいろな種類があって、シェルやハサミで切ったホログラム、金箔、細いワイヤー、折り紙など本当にバリエーションは無限大なんです。

 

ネイルシールと違って表面にペタっと春と言うものではなく、ジェルの中に埋め込むので、ジェルが表面をコーティングしてくれるので非常につやつやになって可愛く仕上がるんですよ♪
実は、管理人の私もよくやるのがお金がないときに百均で事前に買ってあった折り紙を使って
それを細かくランダムに切り刻んだ物をベースジェルを塗った上にランダムにピンセットで置いて行って、
その後からもう一回クリアーな透明ジェル(トップコートで大丈夫です)を塗ってあげて最後にLEDライトで固めてあげるだけというめちゃめちゃ手軽な埋め込みホログラムアート(折り紙ですけどね。笑)のネイルをやることがあります。
すごく可愛いですし、友達の間でも結構評判が良いですよ。
もし今年の夏、ネイルアートのデザインのパターンにいつも通りのフレンチや1からのネイルに飽きたなって思ったら、折り紙や手軽なホログラムを百均で購入して、簡単な埋め込みネイルを作ってみてはいかがでしょうか。